シアリスの主な副作用とは?

シアリスの基本的な副作用を理解してシアリスを服用しよう

基本的な副作用

シアリスの基本的な副作用

シアリスはED治療のために開発された医薬品で、有効成分としてタダラフィルを含有しています。

タダラフィルは、医薬品としてPDE5型酵素阻害薬にあたります。これは、PDE5型酵素の働きをブロックする医薬品ということです。

PDE5型酵素とタダラフィルの関係を知るには、男性が勃起するメカニズムを理解する必要があります。男性が性的に興奮したり刺激を受けると、体内に一酸化窒素が放出されます。

そして放出された一酸化窒素は、血管拡張物質の生成を促します。その結果性器細胞で大量の血管拡張物資が作られ、陰茎の海綿体内を通る太い動脈血管が拡張して大量の血液が流れ込み勃起が起こります。

そして、勃起が終息する時に作用するのが体内酵素のPDE5型酵素です。このPDE5型酵素とは、血管拡張物質を破壊する酵素です。血管拡張物質が破壊されると陰茎の動脈血管が弛緩して血流量が低下し勃起が終了します。

シアリスに有効成分として含有されているタダラフィルは、PDE5型酵素阻害薬としてこの酵素の働きをシャットアウトします。

その結果血管拡張物質が減らないので、陰茎の血管の拡張と血流が維持されて勃起が続くのがED治療薬としてのタダラフィルの効果・効能です。

医薬品を使用するにあたっては、副作用について理解しておく必要があります。それはどんな医薬品にも言えることです。

シアリスの有効成分のタダラフィルには、体内酵素のPDE5型酵素の作用を邪魔して血管の拡張維持に働きかける作用があります。

そのため、血管拡張に伴う副作用が発現します。頭痛や顔面の紅潮、ほてりや熱感、動悸、目の充血などはタダラフィルの使用によって多くの方に見られる軽微な副作用です。

頭痛をはじめとしたこれらの副作用は、既往歴や現在治療を受けている病気、服用中の薬などについてクリニックの医師に正しく申告をした上でシアリスを使用していれば心配のない症状です。

また、血管の拡張に関連する作用があるので、タダラフィルを使用することで血圧の低下が認められることがあります。

よって、高血圧の治療のために降圧剤を使用中の方が服用すると双方の薬が同時に作用して血圧が急激にまた大幅に低下し危険です。

そのため、降圧剤との併用は禁忌とされています。血管拡張効果のある医薬品を使って循環器系の疾患などを治療中の方も、同じく血圧の急降下の危険性があるのでタダラフィルの使用は禁忌事項とされています。

シアリスを使ったED治療を受けるにあたっては、頭痛など心配のない副作用と血圧の急降下などの危険性について正しい指導を受けることが大切です。

サイトトップへ戻る