シアリスっていつ作られたの?

シアリスの歴史を紐解く!シアリスはいつ作られたのか?

シアリスはいつ作られたのか

いつシアリスは作られたか

勃起不全の悩みを抱えている人は世界中にいますが、日本でも多くの男性が勃起不全の治療を受けています。勃起不全の治療薬は、様々な大手製薬メーカーが製造し、販売が行われています。

効果継続力の長さで人気あるのが、シアリスです。シアリスは、経口タイプのPDE5阻害薬で、投与してから最大36時間までの有効性が認められているのです。

そのため、プレッシャーを感じずに利用することができます。シアリスが誕生したのは2002年の10月です。その後、世界100か国以上で使用されており、2013年にはPDE5阻害薬として世界市場のトップに躍り出ています。

日本では、2005年の9月に承認の申請が行われ、2007年の9月から販売が開始されています。服用してからの最高血中濃度到達時間が、人によって大きく異なります。

従来の勃起不全の治療薬は、効果の継続時間が4時間から6時間でした。食事の影響も受けるため、患者の中には治療薬を服用するタイミングや継続時間を心配する人が多かったのです。

しかし、シアリスの場合は、治療薬を服用してから最大で36時間という長い継続時間が期待できるため、とても人気があります。それまでの治療薬とは違い、プレッシャーや焦りを感じることなく利用できるのが、大きな魅力のひとつです。

使用方法は、性行為を行う3時間から4時間前に服用します。1日の服用は1回で、服用する間隔は24時間以上空けます。

勃起不全の治療薬は、血液の流れを改善することで、勃起をサポートする薬です。ですから、服用しても、性的な興奮がないと勃起はしません。

また、食事の影響を受けることは少ないものの、まったく受けないわけではないのです。カロリーによっては、食事の影響が出るケースもあります。

食前の空腹時に飲む人が多く、食後に飲む場合は、できるだけ油ものは避け、あっさりした軽い食事を摂取して、その後2時間以上空けてから服用した方が効果が期待できます。

勃起不全の治療薬を服用した場合、副作用が出ることがあります。多いのが、顔のほてりや頭痛、目の充血です。シアリスは、他の勃起不全の治療薬に比べると、副作用が少ないと考えられています。

頭痛が気になる人は、頭痛薬を併用しても問題はありません。ただ、狭心症の治療薬として使われている硝酸剤は、併用することができません。最近は、価格が安くて高品質の治療薬が、様々な個人輸入サイトで販売されています。

個人輸入サイトでの購入にはメリットがありますが、使用は自己責任となります。

サイトトップへ戻る